着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

買取り対象

ボロボロの古い着物は、買取りしてもらえる?

投稿日:

ボロボロの使い込んだ古い着物が手に入り、売りたいって思っている人もいるでしょう。

着物の買取市場においては、新品の着物の方が買取価格が高くなる傾向になる、というのは事実として否定できません。

しかし、本当に着物が好きな人は、普段着用の小紋などを複数枚持っていて、ローテーションしながらしっかり使い込んでいます。そのような使い込んだ着物も、買取の対象になるのでしょうか?

日常的に使っていた着物でも買い取ってもらえる?

着物好きの人は、日常的に洋服感覚で着物を着ています。

古くなってきた、年齢やサイズの点で今の自分に合わなくなってきた場合に、ただゴミとして捨ててしまうのは忍びない・・・。そう思うのが人情ではないでしょうか。最初にご紹介したとおり、着物の買取市場においてはやはり新品の価値の方が高いことは事実です。

しかし、保存状態やアンティーク物、作家物など、いくつかの条件を満たせば、日常着として着まわしていた使い古しの着物であったとしても、買取の対象として引き取ってもらうことは可能です。

ゴミ箱に放り込む前に、今一度買取対象になるかも?という希望を捨てず、買取ポイントを確認しましょう。

こんな着物なら、使い込まれていても買い取ってもらえる!

使い込まれている着物、イコール中古、イコール価値が低い・・・というのが一般的な考え方ですが、洋服の世界と着物の世界の違いは、「古いものにこそ価値を見出す」可能性を、着物市場は大いに秘めているということです。

例えば、アンティーク物です。

アンティーク着物は、もはや「アンティーク」というだけで一般的な着物と異なる価値を形成しています。着物の世界でいう「アンティーク」とは、昭和初期以前に作成された着物のことを指し、この時代の着物は和柄と洋柄がうまく調和した、モダンで粋な柄の着物が数多く作成されました。

一昔前に女学生の袴を卒業式の衣装として不動の地位とし、大人気を博した漫画「はいからさんが通る」や、最近では「花子とアン」「ごちそうさん」など、朝の連続テレビ小説の影響もあり、アンティーク着物には幅広い年齢層が魅力を感じているのです。

ただの衣装としてではなく、歴史観や時代背景を反映した、伝統的な工芸品としての価値も確立されています。

また、アンティーク物と同様に、希少価値の高い作家物の着物も、保存状態によっては高い値打ちがつきます。

特に、作家物というのはどうしても振袖とか留袖、訪問着といった格式の高い着物の方が市場に出回りやすいものではありますが、逆に日常着として作られた作家物の着物をさらりと着ている人の方が少ないため、日常着の小紋が実は作家物だった!という発見は大変貴重です。

アンティークでも作家物でもない、ごく普通の正絹の着物で、すでに購入から10年以上着倒している・・という場合でもまだ希望があります。

決め手はやはり保存状態です。まず、表地に染み・汚れがないことは絶対条件です。白系の薄い色の着物だと、日焼けによって黄ばみやすいですが、黄ばみがひどいものは難しいでしょう。し

かし、裏地に少々の染みがあったとしても、問題なく引き取ってもらえるでしょう。ただ、引き取ってもらえるものの、染みや汚れはやはり買取査定価格には影響してきてしまうことは覚悟しておきましょう。

使い古しの着物の買取り相場は?

まず、使い古しのごく普通の着物の場合、ご紹介した通り保存状態によって査定価格に幅は出てきますが、数百円から、高いものでも千円程度が相場といえるでしょう。

しかし、アンティーク物や作家物の場合、数千円から、希少価値によっては1万円程度までの査定価格を見込める場合があります。買取金額に大きく影響してきますので、買取に出す着物の素性はしっかりと確認しておきましょう。

お祖母さんやお母さんから譲り受けた着物などは、アンティーク物である可能性も高いようです。

買取価格がアップするための、着物の手入れ方法

さて、いつか今着ている着物を買取に出したい・・と考えている人にとっては、やはり着物のお手入れをしっかりと行い、良好な状態を保っていきたいものです。

着物、特に正絹の着物は染みやカビができやすいですし、麻などの夏着物はシワになりやすいので、脱いだ後のケアはしっかり行いましょう。

基本的なケアとしては、まず着物を脱いだら、衣紋かけに掛けて1~2日ほど風通しの良い場所につるしておきましょう。

この時、窓際など、あまり日差しの強いところにつるさないようにしましょう。黄ばみを防止できます。衣紋の部分も、汗染みなどができやすい部分です。畳んでしまう前に、こまめにベンゼンを染みこませた布で優しくふき取るようにしましょう。

ちょっとした染みがついてしまった場合には、中性洗剤をコットンなどに含ませて、染みの部分にポンポンとおくようにして少しずつ染み抜きをします。

もちろん、着物専用のクリーニング店に持ち込んでもよいのですが、ホームケアをこまめに行うだけで、一定以上の保存状態を確保することもできます。

おすすめの着物買取り業者

スピード買取り.jp

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

-買取り対象

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.