着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

地域別

福岡、九州で着物を売る方法

投稿日:

九州は、沖縄県を除き伝統的な着物が少ない地域ですが、それでも各県にそれぞれ特徴のある魅力的な着物があります。

そして、沖縄の着物の豊かさ多様さがよくわかります。

そんな福岡や九州で着物を売る場合、全国出張可能な業者に依頼すべきです。

九州の着物を欲しがっている全国のお客さんに向けて販売できるので、高く買い取ってもらえるのです。

着物買取りで全国出張!買取プレミアム

 

福岡県の着物解説

博多織

福岡県福岡市を産地とする絹織物です。徳川将軍家にも献上されていたという、歴史と由緒ある織物であり、細い縦糸と太い緯糸によって織り込まれ、厚みがあるため、好んで帯に用いられています。

現代においても、博多織の人気は継続しており、洋服やバッグなどにも加工されています。

久留米絣

福岡県久留米市を産地とする織物です。日本三大絣(肥後絣、伊予絣、久留米絣)のひとつです。糸に手括りにより作られた木綿を使っており、非常に丈夫で長持ちするため、戦前の学生服としても用いられました。

発祥は江戸時代で、質素倹約を旨とする風潮から木綿織物の着物が奨励されたことで、この久留米絣の技術も発展をみせたと言われています。

小倉織

福岡県北九州市を産地とする綿織物です。豊前小倉藩の特産物であったことから、この名称がついたそうです。徳川将軍家への献上品として重宝された他、生地が丈夫なことから戦前は学生服としても用いられました。

職人離れにより、一度は衰退しましたが染織家・築城則子氏の手によって復元がなされ、現代にも技術が引き継がれました。

 

佐賀県の着物解説

佐賀錦

佐賀県鹿島市を産地とする織物です。金や銀、漆を貼った和紙を細く切った箔糸と絹糸を丹念に織り上げる特徴的な織物で、網代や菱型などの伝統的な気品あふれる文様が魅力です。明治時期に一度、衰退の兆しがみえたものの、大隈重信夫人らの努力によって復興し、現代においても、帯に用いられたり、カバンや財布などに加工されています。

長崎県の着物解説

島原木綿

長崎県島原市を産地とする綿織物です。丈夫で、藍染糸を地色とし、素朴ではあるものの気品あふれる柄の美しさが光ります。古くは、島原藩への献上品としてだけではなく、九州全体から関西地方、朝鮮半島にまでその販路を広げ、丈夫さを活かした庶民の普段着・仕事着として愛用されてきました。

島原地方においては重要な家内工業品で、家族全員で製作にかかわっていたとも言われています。

熊本県の着物解説

天草更紗

熊本県天草市を産地とする染物です。更紗とは、インドを起源とする染物であり、この天草更紗も、異国情緒あふれる草花模様や鳥などの柄が描かれています。15世紀頃に中国から日本にもたらされ、南蛮貿易が盛んになった室町時代から輸入が本格化されました。

それから、天草更紗を始めとした日本独特の和更紗(鍋島更紗、長崎更紗等)が発展していったのです。

宮崎県の着物解説

薩摩絣

宮崎県都城市を産地とする木綿絣です。実は、薩摩絣と大島紬はその製作工程がほぼ同じと言われています。前者は絹織物、後者は綿織物というだけの違いと言われています。

綿織物の中でも特に品質が高い、高級品として認知されています。絣ではありますが、極細の糸を使って織り上げるため、肌触りが良く、絹のように滑らかです。

綾の手紬

宮崎県東諸県郡綾町を産地とする絹織物です。歴史は意外と新しく、1966年から「綾の手紬染織工房」からスタートしています。歴史は新しくとも、養蚕から織りまでの全工程が、全て手作業で行われており、伝統的な紬の製作技術が活かされています。

 

鹿児島県の着物解説

大島紬

鹿児島県大島郡を産地とする織物であり、おそらく日本で最も知名度の高い紬といえるでしょう。艶の美しさや軽い着心地の割に、生地は非常に丈夫です。糸を泥染めをして仕上げてあるのです。現代においては、締機で糸を括って作る手法での政策が主流となっています。

大島紬に表現される模様は、奄美大島の雄大な自然をモチーフにしていると言われており、柄の出来・不出来によって大きく価値が異なると言います。

串木野木綿

鹿児島県串木野市を産地とする木綿です。生地としては、ジーンズの素材となるデニム地に似ており、丈夫さが特徴です。ジーンズと同様、作業着としての活用されることもあり、不自由なく動き回ることができる機能性を備えています。

しかしながら、現在では生産は行われていないようです。

沖縄県の着物解説

琉球紅型

紅型と書いて、「びんがた」と読みます。琉球王国時代に、婦人の礼装や、神事に携わる古式の服装として、南国・琉球独特の神秘性ある模様や明るい色合いの染物として重宝されてきました。

中国や東南アジアとの交易により、インドやジャワの染色技術が伝わり、琉球紅型はさらに洗練されたものとなっていきます。現代において、普段着として着用する人もあまり見かけませんが、技術の伝承・保存が盛んに行われています。

芭蕉布

沖縄県奄美群島を産地とする布織物です。

芭蕉の名の由来は、俳人の松尾芭蕉ではなく、多年草である「イトバショウ」を素材として作られているためです。薄く張りのある生地で、通気性がよいので、夏着物や座布団等、様々な用途に用いられています。

古くは13世紀の琉球王国の時代から、王国直営の大規模な芭蕉園が運営され、製作もされていました。奄美大島から与那国島まで全土において製作され、江戸時代には全国的に展開されました。

琉球絣

沖縄県南風原地区を産地とする織物です。南風原地区は、琉球時代から絣の生産地として知られており、琉球絣の里として親しまれています。特徴としては、幾何学模様であり、そのアレンジは600にものぼると言われています。

首里織

古く、琉球王府の城下町として栄えた首里を産地とする織物です。琉球王国時代は貴族や士族向けに、様々な色や柄の洗練された織物が製作され、その精緻で格調高い仕上がりは現代に至っても一定の評価を誇っています。

花倉織や道屯織は特に首里のみで製作された高級品です。

読谷山花織

沖縄円読谷村を産地とする織物です。

花織と呼ばれているように、ジンバナ、オージバナ、カジマバーヤナと呼ばれる花を模した柄が特徴です。別名、読谷山ミンサー、グーシ花織とも呼ばれています。

生地は厚手で、独特の色合いが魅力で、南方からの伝来であると言われています。古くは、朝廷や朝鮮への貢物として使われており、上級階級や士族など特権階級しか着用できなかった高級品でした。過去に一度、生産が途絶えましたが、近年復興し、沖縄県の指定無形文化財に指定されるに至りました。

久米島紬

沖縄県久米島を産地とする織物です。

代表的な久米島紬は、泥染めによる黒い光沢のある褐色で、沖縄の伝統的な絣模様が特徴ですが、中には黄色などの明るいトーンのものも生産されています。

歴史は古く、やはり琉球王国時代からの伝統をもち、王府への税金の7割が紬として納められるほど、高く評価されていました。

現代においても久米島紬は広く作られており、日本全国で琉球紬として普及しています。2004年には国の重要無形文化財に指定されています。

与那国織

沖縄県与那国島を産地とする織物です。まさに沖縄らしい!と感じることのできる鮮やかな色合いと幾何学模様が特徴です。与那国織には数種類ありますが、与那国花織が着物としてよく用いられているようです。他にも、4枚の布から仕立てる与那国ドゥタティや、細帯の与那国カガンヌブーなどが知られています。

八重山上布

沖縄県八重山諸島を産地とする、麻の織物です。

白地ベースの茶色の絣模様が涼やかで、通気性の良さから夏着物として好んで用いられています。八重山上布には、海に晒して色止めをする海晒しや、杵たたきと呼ばれる、布を杵で叩いて光沢や雰囲気を出す特徴的な技法が用いられています。

八重山交布

沖縄県八重山諸島を産地とする織物です。織りや模様については、八重山上布と同様ですが、縦糸に絹や木綿を使い、横糸に芭蕉や麻などの植物性素材を用いた混紡、というタイプが八重山交付です。

八重山上布は王府や朝廷への献上品というランクにあったため、一般庶民が気軽に身に着けられるものではありませんでしたが、八重山交付は庶民も着用できる、軽くて着心地のよい普段着でした。

ミンサー織

沖縄県全土で製作されています。特に八重山ミンサーが有名であり、絣柄と縞模様の組み合わせが柄の特徴です。

ミンサーという沖縄ならではの言葉は、綿で織られた幅の狭い帯という意味であり、古くは、男性から求婚された女性が返事としてこのミンサーを織り、贈るという風習があったそうで、当時は男性用の帯として用いられていたそうです。

宮古上布

沖縄県宮古島を産地とする麻織物で、沖縄の風土にマッチしている、光沢感と軽さ・薄さに加え、精緻な絣柄を特徴としています。

上布の最高級品として知られ、一反分に約2ケ月の製作期間を要します。

昭和期には、麻織物の最優秀品ということで、数ある栄誉ある賞に輝き、現代では国の重要無形文化財として指定されています。現代では生産量も激減し、希少性の高い上布となっています。

宮古織

沖縄県宮古島を産地とする織物で、縦糸に木綿を用い、横糸に麻糸を用いているという点で違いがあります。

原材料が安価で、宮古上布と異なり短期間で仕上げることができる点で人気もあり、かつ、バッグなどへの加工もしやすいのが魅力です。

福岡・九州の着物買取り業者

福岡県の着物買取り業者

₋ わそう時代屋
福岡県福岡市東区二又瀬12-2 セントラルビル1F
092-623-7393

₋ いちご屋
福岡市早良区西新4-7-10西川ビル2F
092-852-8878
・佐賀県の着物買取り業者

₋ きものや わ蔵
佐賀県佐賀市若宮1-18-3
0952-20-9350

₋ 良品生活感
佐賀県佐賀市高木瀬西1丁目5−10
0952-36-5721

長崎県の着物買取り業者

₋ きものショップ古々屋
長崎県大村市東大村2丁目1112-144
0957-48-5639

₋ 古楽屋
長崎県長崎市油屋町2-13-1F
095-893-8627

熊本県の着物買取り業者

₋ リサイクル処 きん松
熊本県人吉市九日町75番地
0800-2222-440

₋ リサイクルきもの呉楽
熊本市中央区南坪井4-14
096-359-4147

宮崎県の着物買取り業者

₋ 月見のくら
宮崎県宮崎市清水1丁目8-8-101
0120-66-5296

₋ リサイクルショップ三喜
宮崎県宮崎市大工1丁目7番23号
0985-20-1317

鹿児島県の着物買取り業者

₋ 天文館質舗
鹿児島県鹿児島市山之口町12-28桜屋ビル1階
099-295-0005

₋ リサイクルショップ開運
鹿児島県鹿児島市谷山中央5-31-1
099-268-3093

沖縄県の着物買取り業者

₋ Pano舞
沖縄県那覇市おもろまち4-17-21
098-995-8090

おすすめの着物買取り業者

スピード買取り.jp

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

-地域別

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.