着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

買取り対象

振袖の買取り相場!高値で処分するコツは?

投稿日:

成人式の時に、一生に一度のこと!とのことで買ってもらった着物。若い頃の美しい思い出がたくさんつまった着物なのに、結局着ないままに大人になり、結婚し・・・。袖を詰めても使えるとはいえ、その加工費もなかなかのお値段だし、そもそも若い女性が着る色や柄が今はもう似合わなくなってしまった・・。振袖をどう処分したらよいか?という点で悩みを抱えている女性は案外多いのかもしれません。

振袖の買取り相場は?

せっかくの振袖です。ただ捨ててしまうよりは、可能な限りの価値を形に変えて、大切に着てくれる次世代の若い女性に着てもらいたいものですよね。振袖の買取相場は、果たしてどのくらいなのでしょうか?

 

もちろん、その振袖の品質や柄、保存状態、作家物か否か、といった複数の要素によって買取価格は異なってくるため、答えは「実際に品物を見て見ないと分からない」となります。

 

しかし、一般的な相場感からすると、極端にサイズが小さいものや、汚れがひどいものを除けば、1,000円~40,000円までの幅で見られており、ほぼ未使用の高級品においては、50,000円~60,000円程度の値がつくそうです。

10万円で買った振袖は、平均いくらくらいで売れる?

振袖は、最近はあまり珍しくはないポリエステル素材の着物でなければ、基本的に成人式やお見合い、結婚式への列席等に利用されることが多いため、正絹素材の高級品です。

 

その中でも、10万円で購入した振袖というのは、振袖の中ではランク的にあまり高いものではないのかもしれません。

しかし、その場合においても、平均的に10,000円ぐらいの値打ちが期待できる場合が多いようです。10分の1の価値に目減りしてしまった・・という感覚も否めませんが、10万円相当のブランド品の洋服を買取専門店に売却した場合に比べて、市場価値はまだ高いと解釈することもできるでしょう。

総絞りは高い?安い?

絞りの着物というのは、作成に至るまで非常に手間と技術と職人の婚期が必要とされるものです。

その中でも総絞りというのは言うまでもなく、その手間ヒマもあいまって、着物の世界の中では最高級品といえるでしょう。

したがって、その買取価格も比例して高くなる傾向にあります。

ただし、総絞りの中でももちろんランクがあり、ピンからキリまで価格幅があるということも忘れてはなりません。

また、中には「総絞りだと思っていたら、実は違う(ただのプリントの模倣品)だった・・」という事例もあり、結果的に高い買取価格がつかなかった・・ということもありますので、買取を依頼する際には、その品物の出自は可能な限り明らかにしておく必要があるでしょう。保証書があればベターですね。

有名ブランドや有名作家ものは高い?

着物の世界においても、有名デザイナーがデザインを担当したものや、着物作家の作品のような、いわゆるブランド着物が存在します

。そういった着物は買取においてもやはり高値がつくものなのでしょうか?答えは、これも洋服の世界と同様でイエス、となります。

特に、ブランドの証明書や品質保証書があれば、さらに査定額を引き上げてもらうことも可能です。着物ブランドについては、シャネルやクリスチャンディオールなど、洋服のブランドほど一般的に名前が広まっているものは少ないようですが、実は今タンスの中に眠っている着物が、着物好きにとっては喉から手が出るほどほしい!という有名作家の作品だった・・なんてこともザラにあります。

ぜひ、タンスの中の「ちょっとよさげな振袖」はチェックしてみましょう。

おすすめの着物買取り業者

スピード買取り.jp

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

-買取り対象

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.