着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

買取り対象

買取り対象となる着物の種類について

更新日:

もう誰も着ない、サイズも合わない着物がタンスの肥し状態になっている家、ありますよね。せっかくだからお金に替えたい!でも、今ある着物が価値のあるものか、そもそも買取の対象となるのかが分からない・・・。

そんな人のために、着物の種類につき基礎知識をご紹介しましょう。

留袖

留袖とは

留袖とは、既婚女性の礼装として、最も格の高い着物です。結婚式などでよく見かける黒留袖と、それ以外の色留袖があります。

デザインとしては、裾の部分に金糸や銀糸などの華やかな糸で、絵羽模様(縫い目をまたいで広がる模様)があります。

色留袖と後で紹介する訪問着は似ていて、着物初心者にはよくわからないと思います。

留袖

特徴を簡単に述べるなら、生地のベースになっている色が黒色でなくて(黒だと黒留袖)、裾には鶴などの縁起が良い刺繍があるものが色留袖です。

大きな特徴として、上半身は無地でシンプルなデザイン、でも裾には格式高い模様が入っているのが色留袖です。

それに対し訪問着は、肩からデザイン(模様)が始まっており、上半身全体に模様が描かれています。

見分けるポイントは、下を見て貰えばわかります。

  • 留袖:上半身は袖以外は無地
  • 訪問着:肩などにもデザインが入っている

良い留袖とは

特に黒留袖は、着る機会が多い分需要が高く、様々なタイプの留袖が出ています。

素材や刺繍の細かさ、上質さももちろんですが、鶴や亀、箱車などの縁起のよい柄も好まれます。おそらく、留袖を着る機会は圧倒的に結婚式などの慶事が多いためでしょう。

格式について

留袖の格式は、黒留袖が最上級でもっとも格式高いです。

色留袖の格式については、紋の数で決まります。紋が5つあれば最上級で、五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格になります。

紋が3つの三つ紋や紋が1つの一つ紋は略礼装という扱いになりますが、あえて格式を高くし過ぎないことでいろいろな場面で(訪問着的に)使えることを目指す場合もあります。

 

振袖

振袖とは

成人式の時期になると、街に振袖姿の若い女性たちが溢れる傾向はもはや冬の風物詩です。ここから分かるように、振袖とは若い未婚女性の礼装として、最も格の高い着物となり、留袖と対をなすものです。

振袖は、その名の通り、袖を振れるほど長いのが特徴で、袖の長さが長いほど、格調が高いと言われています。

色味も、若い女性のための着物とあって、ピンクや赤、水色などの鮮やかなものが多く、見ているだけで楽しくなります。

振袖

良い振袖とは

良い振袖とは、やはり、繊細な技巧が施されているものです。

ひとつの小さな花びらの刺繍にじつに何種類もの糸を使って細かく仕上げられているもの、絞りが丁寧なもの。

そして先に紹介をしたように、格という意味でいえば袖が長めのものが良い振袖といえるでしょう。

また、若いうちにしか着ないので、あまり使われていなくて保存状態が良いので、高値で売れるケースもあります。

 

訪問着

訪問着とは

訪問着とは、未婚・既婚を問うことなく着ることができ、結婚式やパーティー、お見合いやお茶会などの改まった場に適した、お出かけ着です。

肩や胸にも柄が入るので、華やかです。

紋をつけるとさらに格が上がり、色留袖と同等になります。訪問着の特徴は、柄が上前から下前まで続き、袖の裁ち目の部分も柄がつながるようにできています。

訪問着

良い訪問着とは

良い訪問着の条件とは、正絹素材や刺繍、染め、絞りの技巧の丁寧さです。

訪問着は未婚・既婚を問わずに着ることができるということから、年齢層に合致した色や柄のもので、品格漂うものが良い訪問着といえます。

訪問着というと、略式のイメージもありますが、実は格式高い着物の一つで買取価格の高さも期待できます。

 

付け下げ

付け下げとは

付け下げは訪問着よりも格は少し下がりますが、紋を入れると格は上がり、結婚披露宴や観劇など、正式な場でも通用する外出着となります。柄の特徴としては、実は素人目には判断が難しいのです。

付け下げは、反物の状態のままで、仕立て上げた時に柄の上下が合うよう、計算をして柄を染める、という作り方をします。

ですので、完成品の柄の入り方は訪問着とよく似ているのです。

 

良い付け下げとは

訪問着との区別が難しい付け下げですが、訪問着と街着である小紋の中間に位置する着物であるため、「着物といっても堅苦しすぎるのはちょっと・・」という現代人にも人気です。

そのため、訪問着とほぼ変わらない柄付けの付け下げは特に人気が高いといえるでしょう。俗に、「付け下げ訪問着」などとも呼ばれています。

袋帯

袋帯とは

袋帯とは、表裏を縫い合わせた形状の帯で、結婚式などのおめでたい席で、訪問着や付け下げに合わせて締める帯で、フォーマルな格の高い帯となります。

良い袋帯とは

袋帯はめでたい席にふさわしい帯ですので、柄はやはり鶴などの縁起のよい柄で、美しい織りが特徴の西陣や博多織などは、帯の最高級品です。

 

名古屋帯

名古屋帯とは、袋帯に比べカジュアルな、セミフォーマルな帯で、小紋などの街着にも合わせやすく人気です。

しかも、名古屋帯は締めやすいように予め縫い合わせてあるものが多く、着物初心者にも親しみやすい帯です。

 

良い名古屋帯とは

名古屋帯自体はセミフォーマルなものではありますが、柄や素材によっては若干改まった席にも使うことができますので、正絹で艶のある素材や、美しい刺繍が施されているもの、どの年代でも似合う定番ものは高い評価が得られる名古屋帯です。

 

半幅帯

半幅帯とは

半幅帯はその名の通り、通常の帯の幅の半分(4寸)の帯で、名古屋帯よりもさらにカジュアルな格の帯となります。夏の浴衣などに合わせて締めているのが半幅帯です。

 

良い半幅帯とは

半幅帯は日常着に合わせる帯ですので良い帯の条件はなんといっても締めやすさ、そして、カラフルさなどの個性がポイントとなります。

着物を普段着にしている方ならば、いくつもの半幅帯を揃えて、色々なコーディネートを楽しめるからです。

 

帯留め

帯留めとは

帯留めは、帯締めに通す装飾品で、三分紐も言われる細めの紐に通して使います。いわば、和装アクセサリーのようなものです。

これがあると、着物全体のイメージがずいぶん変わります。伝統的な扇子や瓢箪の他に、最近では音符やハート型など、現代的な形のものも出てきています。

 

良い帯留めとは

特に買取という点で評価が高いのは、良い素材を使っている帯留めです。例えばべっ甲や珊瑚、真珠、翡翠などは素材自体が効果なうえに、細工が凝っているものも多く、着物好きにはたまらない魅力となっています。

小物も買い取り対象になる

着物にはかんざしやバックなどさまざまな小物があります。

着物の小物

これらも買い取り対象になることが多いので、ぜひ売ってみてください

 

小紋

小紋とは

まず、一般的な街着として広く、そしてカジュアルに用いられているのが小紋という種類の着物です。小紋とは、その名前の通り、小さい模様や柄が着物一面に散りばめられているタイプの着物のことをいいます。

活用の場としては、おそらく着物の中では最も活動頻度、そして幅が広く、お茶やお花などのお稽古事から、街着としてちょっとしたお出かけやお買い物に、そして、ドレスアップしてお食事会に、観劇に・・と万能です。

良い小紋とは

では、良い小紋の条件とはどのようなものなのでしょうか。小紋は、ご紹介した通り街着として用いられるもので、着物の格としては訪問着や付け下げに比べて低いものですので、それらに比べれば高価なものは少ないといえるでしょう。

しかし、その中での良い小紋とは、素材はもちろんのこと、使い勝手がよいものといえるのではないでしょうか。例えば、江戸小紋は、紋を入れて礼装用の帯を合わせると、準礼装として使えますし、名古屋帯を合わせれば街着として使うこともできますので、使い勝手が非常によいものといえます。

したがって、買取価格としても高めの査定額がつくことでしょう。また、柄についても良さを見分けることができます。小紋の柄は、より細かい柄のものが格式が高いと考えられているようです。

例えば、模様の名前で言えば「鮫」「行儀」「角通し」「万筋」などが格が高いとされています。順番に説明すると、鮫肌のような模様、小さなあられ模様、小さな正方形が散りばめられてる模様、そして、細かい縞模様となります。

紬(つむぎ)

紬(つむぎ)とは

紬とは、紬糸で絹を織り、”より”をかけて丈夫にした生地で誂えた着物です。紬は、色合いが渋く、絹素材にも関わらず艶感がない分、”粋”を演出できる、味わい深い着物です。紬は小紋と同じように普段着使いに用いる着物ですが、最近はオシャレ着としても進化を遂げており、同窓会やパーティー、観劇等に紬を着て出かける方も増えているようです。

良い紬(つむぎ)とは

昔は紬を完全なる日常着として使っていたので、その地方の風土に合った様々な織物がああります。紅花で染めたもの、結城紬や大島紬など、紬の種類には非常に高価なものもあります。

最高級品の大島紬においてはなんと織物の制作に1年もかかるものもある、というから驚きです。良い紬とは、そのように素晴らしい織物で作られていることや、独特の渋い風合いで、丁寧な仕立てのものは間違いなく良い紬といえるでしょう。

買取においても、高い査定価格を期待できると思います。

大島紬などは高級品として有名で、着物好きみんなが憧れる商品です。

関連記事:大島紬の買取りについて

絣(かすり)

絣(かすり)とは

絣とは、織物の技法のひとつで、事前に染め分けた糸を織り上げて文様を作り上げるものです。その文様は、十字や細かい縞など、幾何学模様が特徴的です。

絣の中で特に有名なのが、女子大生の卒業式に今やなくてはらならない衣装となった袴スタイルを定着させた、少女漫画の「はいからさんが通る」の主人公が着用していた”矢絣”が特に有名です。

独特の模様が、フレッシュな女学生にしっかりマッチしていますね。女学生の袴以外でも、大人の女性向けの着物の素材として、特に春から初夏にかけた着物の素材として使われているようです。

良い絣(かすり)とは

良い絣とは、すなわち、丁寧に織られた素材であることです。

着物ですらポリエステル製、大量生産が当たり前の時代ですので、丁寧に、しかも手織りで織られた絣には高値がつきます。

特に久留米絣は国の重要無形文化財としても認定されており、買取においても高い査定額で取引がなされる絣のひとつです。

上布(じょうふ)

上布(じょうふ)とは

上布とは細い麻糸を平織にして編み上げる、上等の麻織物のことです。手触りとしては表面がざらざらとしていて、生地に張りがあります。麻は通気性のよい素材ですので、上布の着物は主に暑い夏の季節に用いられます。

着物を着る人が快適なだけではなく、上布の着物は、見る人にとっても涼やかで粋な印象を与えるものです。麻はシワになりやすい素材のひとつではあるものの、上布で仕立てた着物にできるシワは、上布自体の風合いや渋みとあいまってなんとも言えない色気や粋を生み出してもくれます。

良い上布(じょうふ)とは

良い上布の条件も、基本的には絣と同様で、丁寧な手仕事で織り込まれたもの、という点にあります。上布は日本全国でそれぞれの特徴をもった作品があり、例えば越後上布、宮古上布、八重山上布など、それぞれの風土に合った表情をもつ美し

い作品が作られています。丁寧に織られた上布は非常に丈夫ですので、一本一本の糸の力強さが遠目からも感じられます。

また、夏着物自体がリサイクル市場にはなかなか出回らない、という傾向もありますので、上等の上布の夏着物はそれだけで貴重な存在となりますので、高い買取額を期待できることでしょう。

 

スピード買取.jp[着物買取]

 

着物は生地も買い取ってもらえます。

生地の買取りに関してはこちらの記事でまとめています。

おすすめの着物買取り業者

スピード買取り.jp

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

-買取り対象

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.