着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

買取り対象

着物の生地も買取りしてもらえる。はぎれもOK

更新日:

和装品で買い取りの対象になるものは、すでに仕立てあがった着物だけなのでしょうか?

「蔵の中に反物がある!」「タンスの奥に【はぎれ】がある!」という人にとっては気になるところです。

 

着物の生地の種類について

良い生地の素材とは

まず、着物の生地の種類について知りましょう。着物といえばやはり絹!というイメージですが、実は絹以外にも色々あります。例えば木綿です。吸水性に優れるため、普段着の着物や浴衣に使われます。木綿とはいえ、染め方によっては素敵な風合いができ、作家物はとても高価です。夏用の着物には風通しのよい麻や紗などが使われます。
また、最近は丸洗いもできて気軽に着られる着物の素材として、ポリエステルや、あたたかなウール素材なども人気です。上質の、しかも手織りの絹はもちろん評価は高いですが、このように素材は多岐に渡っているのです。

産地について

では、次に素材の産地についてみていきましょう。絹でいえば京都・西陣の西陣織などが有名ですね。麻糸を織って作られた上布(じょうふ)であれば、沖縄の八重山上布や新潟の越後上布などが、肌触りもうよく人気があるようです。染物という意味では、それこそ全国に地方色豊かな染物があります。岩手の南部茜染や、山形の紅花染など、知られています。

再利用したものは?

そんな着物の生地ですが、必ずしも着物のためだけに使うとは限りません。様々な再利用やリメイクの方法があるのです。着物の糸をほどいて、テーブルクロスやランチョンマットにしたり、巾着やポケットティッシュケースに加工したり、複数の種類の生地を合わせてパッチワーク風の生地を新たに作って、洋服にリメイクするのも素敵です。生地ごとに様々な風合いや手触り、色がありますので、味わい深いですね。

生地の柄について

生地は、無地のものもありますが、その美しい柄も楽しみのひとつです。伝統的な市松柄、矢絣模様、黄八丈。また、縁起物として亀や鶴、箱車、雪輪なども世代を問わず使われます。唐子(からこ)や犬や猫など、そして最近ではクリスマスツリーの柄や、トランプ柄など、面白い柄物も出ているようです。

生地の手入れ

きちんと手入れがしてあって、保存状態が良い生地は高く売れる可能性が上がります。

ポリエステルやウールであれば、洗濯機での丸洗いが可能ですが、絹は丸洗いができません。

着物専用のクリーニングに出すのが一番よいのですが、全体的に汚れがひどい・・という場合であればまだしも、着物クリーニングは高価なのでなかなか手がでにくいところです。

その場合は、汚れが気になるところだけ、中性洗剤を水で薄めてしみ抜きを部分的にする、もしくはベンゼンでさっとふき取るだけでも、十分でしょう。

生地も買取りしてもらえる?

生地も買い取り対象になる

では、既製の着物だけではなく、生地もまた買い取り対象になるのでしょうか。答えはもちろん、なります!着物反物からきちんと仕立てたいので、反物から選びたいという人の需要はまだまだあります。大量の反物が押し入れに眠っている・・という場合には、買い取り店によっては出張査定も行ってくれるところもあるのです。

はぎれとは?

反物と違い、かなりの半端な大きさの生地のことをはぎれといいます。着物生地のはぎれだと、柄も素材もとてもいい物になります。

はきれも買い取り対象になる?

そんなはぎれも、買い取りの対象になります。たとえは、先にご紹介した和風の小物にリメイクしたり、また、半襟として使ったりすることができるので、買い取りの対象としているお店もあります。

スピード買取.jp[着物買取]

おすすめの着物買取り業者

スピード買取り.jp

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

-買取り対象

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.