着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

買取り対象

着物の生地・反物も買取りしてもらえる。はぎれ・白布も売れる!

更新日:

和装品で買い取りの対象になるものは、すでに仕立てあがった着物だけなのでしょうか?

「蔵の中に反物がある!」「タンスの奥に【はぎれ】がある!」という人にとっては気になるところです。

反物やはぎれも、小規模な実店舗系の業者では買いたたかれやすいですが、大手ネット系の業者なら買い取ってもらえます。

そんな、着物の生地・反物を適切な値段で買い取ってくれる業者について知りたい人は、下の業者をチェックしてください。

両業者とも、東京・神奈川はもちろん、全国への出張が可能です。

スピード買取.jp[着物買取]

高額買取に強み買取プレミアム

Contents

着物の生地の種類について

良い生地の素材とは

まず、着物の生地の種類について知りましょう。着物といえばやはり絹!というイメージですが、実は絹以外にも色々あります。例えば木綿です。

吸水性に優れるため、普段着の着物や浴衣に使われます。木綿とはいえ、染め方によっては素敵な風合いができ、作家物はとても高価です。夏用の着物には風通しのよい麻や紗などが使われます。

また、最近は丸洗いもできて気軽に着られる着物の素材として、ポリエステルや、あたたかなウール素材なども人気です。上質の、しかも手織りの絹はもちろん評価は高いですが、このように素材は多岐に渡っているのです。

産地について

では、次に素材の産地についてみていきましょう。絹でいえば京都・西陣の西陣織などが有名ですね。麻糸を織って作られた上布(じょうふ)であれば、沖縄の八重山上布や新潟の越後上布などが、肌触りもうよく人気があるようです。染物という意味では、それこそ全国に地方色豊かな染物があります。岩手の南部茜染や、山形の紅花染など、知られています。

再利用したものは?

そんな着物の生地ですが、必ずしも着物のためだけに使うとは限りません。様々な再利用やリメイクの方法があるのです。着物の糸をほどいて、テーブルクロスやランチョンマットにしたり、巾着やポケットティッシュケースに加工したり、複数の種類の生地を合わせてパッチワーク風の生地を新たに作って、洋服にリメイクするのも素敵です。生地ごとに様々な風合いや手触り、色がありますので、味わい深いですね。

生地の柄について

生地は、無地のものもありますが、その美しい柄も楽しみのひとつです。伝統的な市松柄、矢絣模様、黄八丈。また、縁起物として亀や鶴、箱車、雪輪なども世代を問わず使われます。唐子(からこ)や犬や猫など、そして最近ではクリスマスツリーの柄や、トランプ柄など、面白い柄物も出ているようです。

生地の手入れ

きちんと手入れがしてあって、保存状態が良い生地は高く売れる可能性が上がります。

ポリエステルやウールであれば、洗濯機での丸洗いが可能ですが、絹は丸洗いができません。

着物専用のクリーニングに出すのが一番よいのですが、全体的に汚れがひどい・・という場合であればまだしも、着物クリーニングは高価なのでなかなか手がでにくいところです。

その場合は、汚れが気になるところだけ、中性洗剤を水で薄めてしみ抜きを部分的にする、もしくはベンゼンでさっとふき取るだけでも、十分でしょう。

生地も買取りしてもらえる?

生地も買い取り対象になる

では、既製の着物だけではなく、生地もまた買い取り対象になるのでしょうか。答えはもちろん、なります!着物反物からきちんと仕立てたいので、反物から選びたいという人の需要はまだまだあります。大量の反物が押し入れに眠っている・・という場合には、買い取り店によっては出張査定も行ってくれるところもあるのです。

はぎれとは?

反物と違い、かなりの半端な大きさの生地のことをはぎれといいます。着物生地のはぎれだと、柄も素材もとてもいい物になります。

はきれも買い取り対象になる?

そんなはぎれも、買い取りの対象になります。たとえは、先にご紹介した和風の小物にリメイクしたり、また、半襟として使ったりすることができるので、買い取りの対象としているお店もあります。

スピード買取.jp[着物買取]

 

買い取り対象の着物生地・反物の特徴

ここからは、買い取り対象のなる着物の生地の特徴を見ていきましょう。

あなたの自宅にも、高額買取が目指せそうな生地で出来た反物があるかもしれませんよ。

ウール生地の特徴

特徴

ウール生地とは、羊の毛で作られた天然繊維で編み上げられた生地のことで、セーターなど洋服の素材として用いられる一方で、着物の素材としてもよく用いられています。

ウールと一口で言っても、羊毛の毛質によって様々な種類があるものの、冬は暖かく夏も涼しいうえに、シワやヨレになりにくく、伸縮性もあり、汚れにも強いという特徴があります。

したがって、丸洗いもできるウール素材の着物は普段着や肩肘の張らないちょっとしたお出かけに適しています。軽くて動きやすいということで、ウール素材の着物には人気が集まっています。

買取価格のイメージ

人気が高く機能性も高いウール生地。

しかし、買取の相場は残念ながら正絹に比べて低く評価されざるをえない、という現実があります。したがって、買取価格が数百円だった・・という事例も多く、二束三文と考える人も多いようです。

ただし、同じウール着物でも、買取業者や着物のサイズや保存状態によっては3000円程まで買取価格を上げることも可能です。先に述べたように、ウール着物は非常に人気があります。

お茶やお花などのお稽古着として用いる人もいますし、展覧会や同窓会などの簡単なオシャレ着としても使えます。したがって、幅広い流通網を持っている大手の買取業者であれば、ウール着物の需要をみて高めの価格をつけてくる可能性もあります。さらに、高級ブランドが作成したウール着物や、未着用のもの、160センチ以上の大きいサイズのウール着物も、高い買取価格がつけられる傾向があります。

 

お召し生地の特徴

特徴

”お召し”とは、最高級の絹織物であり、略礼装やお洒落着などに用いられる重厚感のある生地です。製法として、先染めした縦糸と横糸に強い撚りをかけ、平織で仕上げます。

特徴としては、生地全体に波を打ったようなシボが見られます。そもそも”お召し”とは、”お召し縮緬”の略語ではあるものの、普通の縮緬とは感触が異なり、非常に滑らかな美しさを誇っています。第11代将軍徳川家斉がこのタイプの生地を非常に好んだことから、”お召し”の名がついたと言われています。西陣や足利、結城等がお召しの産地の代表です。

買取価格のイメージ

お召しは、フォーマルな場にももちろん適していますが、外出着としてショッピングや観劇まで、カジュアルな場でも活躍します。合わせる帯を袋帯から名古屋帯に変えるだけでカジュアルダウンすることができるので、市場における需要は高いといえるでしょう。

無名のものであれば、買取相場は500円程度から数千円と言われています。しかしながら、やはりそれ以上の価格がつくものもあります。

例えば、人間国宝や作家もの、大きめのサイズのものなどは希少価値が高く、最高ランクでは10万円近くの価格がつくこともあります。また、お召しは水に弱く縮みやすい性質がありますので、保存状態もポイントです。

無名のお召しであっても、保存状態が良好であれば、より高い買取価格を期待することができます。

唐織り(からおり)生地の特徴

特徴

唐織り(からおり)とは、”唐”という名がついている通り、中国から渡来した織物を指す総称です。

また、中国から渡来した技術を取り入れ、西陣で織られた豪華な生地のこともこのように呼ばれます。生地は三枚綾組織と呼ばれるもので、刺繍のように絵文様が浮かび上がるような形になります。その豪華さ、華やかさから、現在では高級な帯や打掛のための生地としての需要が高いそうです。

買取価格のイメージ

唐織りを素材とした着物や帯は豪華ですので、必然的に高級品となるため、需要も高くなる傾向があります。

例えば、唐織りの打掛は、結婚式の花嫁衣装としても使うことができるため、買取市場での需要も高くなります。結婚式は何かとお金がかかりますので、上等な品物であればリサイクル品でもよいという人も一定数いるのです。

相場としては、保存状態や品質にもよりますが、2000円~15000円ほどの査定金額になるでしょう。もちろん、アンティーク物や作家物などはさらに高い査定額がつく可能性があります。

袋帯の場合には、これも保存状態などの条件によるという前提はあるものの、買取価格には500円~10000円程度の幅がありそうです。

塩瀬生地の特徴

特徴

塩瀬生地とは、正式には塩瀬羽二重という、羽二重生地の一種です。

羽二重とは、平織の絹織物で、縦糸・横糸ともに生糸を使った厚手の織物のことをいい、帯の生地として用いられます。塩瀬生地で作られた帯は、染め帯とも呼ばれています。

厚手の生地のため、帯にすると張りがあり、とても締めやすいため、着物を愛好家の間では人気の高い素材です。塩瀬生地は、名古屋帯などのカジュアルな帯に仕立てられることが多く、さらに、真夏を除いて一年中身に着けることができるという点で、機能性にも優れています。

買取価格のイメージ

塩瀬生地の帯は、カジュアルな普段着に用いられることから原価自体が袋帯に比べて低いこと、そして、需要が高いがゆえに市場に多く出回っていることから、さほど高い買取価格は期待できません。

数十万円で購入した帯が500円程度で買い取られてしまったというケースも多々あります。ノーブランドのものであれば、500円~1000円程度であろうと思われます。

紗(しゃ)生地の特徴

特徴

紗とは、もじり織りと呼ばれる、2本の縦糸と1本の横糸を左右に互いの位置を変えて、敢えてすきまを作るように織り上げる技法を用いて制作された、目の粗い絹織物です。

”うすぎぬ”という別名がつけられている通り、その生地の風合いは透き通っており、滑らかです。元々、紗を織る技法は中国から伝来したものであり、古代から中世において、中国大陸で大流行したそうです。

日本には、平安時代に伝播し、夏物衣料として珍重されました。現代でも、紗は夏着物の素材として用いられています。特殊なところでは、雅楽の衣装や僧侶の袈裟などにも用いられているようです。

買取価格のイメージ

紗のような、盛夏向きの生地は薄物と呼ばれてますが、生地が薄いだけに傷みやすく、そもそも買取自体を行っていない業者もあるようです。

季節柄汗じみなどもできやすいこと、そして、夏にまで着物を着る人がめっきり少なくなってしまい、需要が少ないこともその理由に挙げられます。

今や夏物の和装はすっかり浴衣が定番になってしまいました。売却を検討する際には、紗の着物や反物も買い取ってもらえる買取業者を探すところから始める必要があるでしょう。

買い取ってもらえる場合でも、価格相場は着物・帯の場合では500円~数千円というところでしょう。証紙がついている反物であれば、1万円程度まで価格が上がる可能性はあります。また、買取に出す季節もポイントです。夏本番前の5 ̄6月に出すと、価格が多少はアップする可能性もあります。

繻子(しゅす)生地の特徴

特徴

繻子とは、織物の技法のことで、「繻子織り」の略称です。

英語では「サテン」と呼ばれています。サテンの方が現代はイメージがつきやすいでしょう。

生地には独特の光沢と張り、滑らかさがあります。繻子生地は、この技法で織り上げられたものであり、生地の表面に縦糸か横糸のどちらか一方のみが表れます。この技法で織られた生地は、足袋や帯に好んで活用されます。

買取価格のイメージ

つやつやと光沢があり、滑らかな繻子生地は、浴衣などに合わせる半幅帯によく使われているようです。

ですが、半幅帯の買取価格はさほど高いものではありません。浴衣や日本舞踊のお稽古用の着物に合わせたり、普段使いの着物に合わせたりと活用の幅が広く需要はあるものの、原価自体がさほど高いものではないからです。

数百円程度になるであろう、ということを覚悟しておきましょう。また、足袋の場合はそもそも買取自体を行っていないという業者もあると思われます。ただし、反物の場合には1000~4000円ほどの値がつく可能性もあります。

上布(じょうふ)生地の特徴

特徴

上布とは、細い麻糸を平織で織り上げた織物のことです。

麻を素材としているため、生地の表面はざらざらしており、張りがあります。

通気性がよく、夏着物や夏帯に好んで活用されます。上布は昔から人気のある素材であり、越後上布や宮古上布、近江上布、八重山上布など、上等の上布が多数生み出されてきました。

上布は、古くは江戸幕府や朝廷への上納品としても重宝されており、そこから「上布」という名称がついたとも言われています。上布を織り上げる技術は日本の誇るべき伝統工芸のひとつとして認識されており、市場価値はもちろん、文化的工芸品としても非常に高く評価されているのです。

買取価格のイメージ

上布の着物および反物は、新品で購入する時は非常に高価なものですが、リサイクル品の買取においては残念ながら正絹の着物に比べて価格が低くならざるをえません。

その理由は、正絹の着物に比べフォーマルな場では使えず、夏の外出着という立て付けのため、一部の着物好きを除いて、上布の着物を買いたいという人が正絹に比べて少ないからです。

また、上布の素材は麻ですのでシワになったり縮んだりしやすく、傷みやすいので、完璧な状態で保存するのが難しい点も買取価格が低くなる要因のひとつです。上等の上布で、保存状態もよい着物であれば、数千円程度にはなるでしょう。

着物のサイズが大きめであったり、作家物であったりするとこれに加えてさらに高い価格(数万円)がつけられるでしょう。

縮(ちぢみ)生地の特徴

特徴

縮とは、絹や麻、木綿等の糸に強い撚りをかけて織り上げ、さらに加工して生地の表面にしぼを作った織物です。

この独特のしぼが縮の特徴で、涼しげな風合いから、真夏の着物素材として用いられています。縮も、古くから各地で作られており、越後縮、小千谷縮、能登縮が有名です。

縮の種類によって、素材も麻100%のものや、麻と絹が50%ずつのものなど、様々ありますが、素材の割合によってもまた個性が表れ、縮ならではの魅力にあふれています。

買取価格のイメージ

小千谷縮などの高級な縮生地の着物は、着物ファンの間では人気があります。

しかし、やはりフォーマルな場でも使える正絹の方がよく売れるため、買取価格は比較的低くなってしまいます。上等な縮生地であっても、購入価格の10分の1程度になるというのが相場のようで、金額にすると5000円~3万円程度になる模様です。

縮緬(ちりめん)生地の特徴

特徴

縮緬とは、別名”クレープ織り”とも呼ばれている、平織の絹織物です。

横糸に強い撚りをかけて織り上げることで、生地の表面に凸凹が表れます。縮緬の種類や製作された時代によっても異なりますが、一般的に生地には厚みがあります。縮緬生地は主に風呂敷や帯揚げ、半襟など、和装小物に利用されます。

縮緬生地は型崩れがしやすく、ゴワつくため、着物生地としてはあまり適していないようです。縮緬は大正時代に大流行しましたが、ランクはさほど高いものではないようです。

しかしながら、着物ファンや和装小物好きの人にとっては非常に魅力的です。縮緬生地でできた小銭入れやお手玉など、その可愛らしさは今でも健在です。

買取価格のイメージ

縮緬生地の小物や反物の買取価格の査定ポイントは、なんといっても保存状態です。

縮緬生地は破れたり、シミになったり、汚れがついたりしやすいためです。

証紙や購入した時についていた箱などが残っているとさらに良く、買取価格の高低に影響します。数は少ないでしょうが、人間国宝作家が製作した縮緬の小物などには言うまでもなく高い査定額がつきますが、一般的には、数百円から高くとも1000円前後であると思っておいた方がよいでしょう。

綴織り(つづれおり)生地の特徴

特徴

綴織りとは、平織の絹織物で、綴錦とも呼ばれています。

横糸に複数の色の糸を使って、模様になる部分だけつづら織りのように織っていく技法を用いて織り上げます。地の組織の横糸も折り返して織り進められるので、色の境目にすきまができます。錦と呼ばれるだけあり、和装に相応しい豪華さがあります。

袋帯や巾着などの袋物の小物、壁掛けなどに利用されます。

買取価格のイメージ

綴織りの帯は、ひとつひとつ手作業で丹念に時間をかけて仕上げられます。

購入価格も上等なものは高価ですが、買取価格もその品質と保存状態に比例して高くなっていく傾向にあります。特に袋帯は、訪問着や付け下げのようなフォーマルな晴れ着に合わせる帯として人気が高いので、買取価格も期待できるでしょう。

相場では、作家物でなくとも5000円~数万円までの査定額がつく可能性があります。

紬(つむぎ)生地の特徴

特徴

紬とは、生糸にするには難しい玉繭や変形した繭などを手で撚りをかけて紡いだ糸を用いて織り上げた絹織物です。

手作業で織り上げるため、製作には多大なる時間がかかります。紬は耐久性があり丈夫なので、昔から普段着、時には野良着として重宝されてきました。現代に至るまで、大島紬、結城紬、久米島紬、白山紬などの優れた美しい紬が生まれており、現代においては普段着や外出着としてのみならず、略式礼装として改まった席にも用いられるようになりました。生地の表面はざらざらしていますが、それが紬独特の風合いを醸し出しています。

買取価格のイメージ

ラフなお洒落着から普段着まで幅広く使うことができる紬は需要もあり、買取価格も期待できます。

ノーブランドのものでも、買取相場は高めで、3000円~10000円程度になります。高級品、作家物ともなれば、10万円もの買取価格がつけられることも十分期待できます。

緞子(どんす)生地の特徴

特徴

緞子とは、厚手で光沢感のある紋織物です。英語では「ダマスク」と訳されます。

この方がイメージが沸く人もいることでしょう。精錬・先染めした糸を用いて、繻子地に同じ繻子の裏組織で文様を描き出しています。戦国時代に中国からこの技法が伝来したと言われています。

当時は茶の湯の発展と共に、袱紗などの茶道道具に用いられることも多かったようです。厚手の生地ですので、帯の素材によく用いられます。

買取価格のイメージ

緞子の帯は重厚感があり、豪華です。西陣など絹織物の産地でも盛んに製作されており、高価であるため、買取価格も大いに期待でき、ノーブランドのものでも5000円程度から買取価格がつく傾向にあるようです。アンティーク物や作家物であれば数万円まで価格は跳ね上がります。

錦織り(にしきおり)生地の特徴

特徴

錦織りとは、金や銀の他、様々な色の絹糸を使って、文様を織り出した紋織物のことです。

豪華絢爛な文様の美しい錦織りは、結婚式などの晴れ舞台の打掛や帯、振袖等の礼装、歌舞伎や能などの伝統芸能の舞台衣装にも用いられます。やはり最も有名なものは京都の西陣織です。他にも佐賀錦など、優れた名品が生まれています。

買取価格のイメージ

錦織りの着物や帯は高価なうえに、日常的に着られるものでもありません。

また、名品は希少価値も高いため、買取市場でも高値で取引がなされる傾向にあります。特に証紙つきだと、買取価格はさらにアップしますので、買取に出す際には証紙がないか必ず確認した方がよいでしょう。

帯はほぼサイズの制限がなく使うことができるので、1本8000円~20000円ぐらいが相場と言われています。着物の場合は、サイズにもよりますが、5000円以上は期待できるでしょう。

芭蕉布(ばしょうふ)生地の特徴

特徴

芭蕉布とは、イトバショウという植物の繊維で織り上げ、草木染により染色した織物のことです。芭蕉布は沖縄県、奄美諸島の特産品であり、琉球王国の時代から芭蕉布は現地の人々に愛されてきました。

沖縄はご存じの通り年間を通して温暖な地域ですので、芭蕉布の着物は夏着物や蚊帳、座布団等の素材として活用されてきました。芭蕉布は通気性があり、張りがあり、軽く、肌触りの良さが特徴です。

過去においては、家内工業として、主婦などが自分たちで芭蕉布を織っていたようですが、今ではその伝統も途絶え、喜如嘉の芭蕉布が残っているのみです。喜如嘉は、国指定の重要無形文化財として指定されています。

買取価格のイメージ

製作の全過程が手作業で行われる芭蕉布は、文化財に指定されていることも手伝い、非常に高価で人気があります。

したがって、買取価格も期待ができます。芭蕉布の着物は2万~5万円程度が相場で取引されているようです。もちろん、保存状態が良好で、人間国宝の作品であった等のプレミアムがつけば、さらに価格は上がり、数十万円の査定額がつく可能性もあります。

羽二重(はぶたえ)生地の特徴

特徴

羽二重とは、縦糸・横糸の両方に撚りをかけない生糸を平織で織り上げた生地を、精錬・漂白して仕上げた織物です。絹糸で製作した羽二重生地は、光絹(こうけん)とも呼ばれています。薄手で光沢があり、丈夫で滑らかな肌触りが特徴です。

着物の裏地や、礼装、訪問着、羽織の素材としても使われています。

買取価格のイメージ

羽二重を用いた着物は、出回るとすぐに買い手がつくと言われるほど人気が高いため、買取価格もまた、期待がもてます。

羽二重は非常に薄い生地ですので、完璧な状態で保存するのが難しいため、保存状態がよい新品に近いものであれば間違いなく1万円近くの高い査定額がつくことでしょう。

ポリエステル生地の特徴

特徴

ポリエステルは、比較的新しい繊維で、1941年頃に開発された化学合成繊維です。私たちが日々身に着けている洋服の素材として利便性が高く、もはや生活になくてはならない素材となっています。耐久性に優れ、シワになりにくく、洗濯によって劣化することもない機能性を備えています。

その機能性の高さから、最近ではポリエステル素材の着物もよく見るようになりました。数年前のポリエステル製の着物は、見るからに「安っぽさ」が目立ち、着物愛好家たちから不評であったようですが、近年は技術が格段に進歩したことにより、ほぼ絹と判別がつかないレベルの肌触りや光沢をもつポリエステル生地の着物も作られるようになりました。

このことから、着物を着たいけれどなかなか手が出ないという若い人にとっても、ポリエステル着物がハードルを下げ、気軽なお洒落着として和装を浸透させるきっかけにもなっています。

買取価格のイメージ

お洒落で丸洗いできる便利なポリエステル素材の着物ですが、正絹と比べると残念ながら買取市場における評価は低いものと言わざるをえません。ポリエステル素材の着物は、たくさん集めて、たくさん着て着物に親しむ、着物を楽しむためのものなのです。

買取に出した場合は、やはり数百円程度の評価となる可能性が高いのです。

木綿(もめん)生地の特徴

特徴

木綿とは、綿(ワタ)から取れた繊維を織り上げた生地です。

下着から洋服、布巾まで幅広く使われており、吸水性や保温性に優れています。着物の素材としても、過去においては絹の着物が高価なために着ることができない庶民の普段着として重宝されていました。現代においては、夏に定番の浴衣の素材として用いられる他、自宅用など普段着着物としても木綿の着物が活躍しています。また、久米島絣、琉球絣、館林木綿などの優れた伝統工芸品も生まれています。

買取価格のイメージ

木綿素材の着物は格としては低く、普段着の扱いですので、改まった場所に着ていくことはできません。

ですので、買取自体をしてくれない業者もあるようです。買取をしてもらえたとしても、数百円単位というのが相場のようです。しかしながら、薩摩絣などの高級木綿は着物ファンの間では大変な人気があり、希少性も手伝って市場でも高く評価されています。

このような木綿着物であれば、10000円近くの査定価格がつくこともあります。

羅(ら)生地の特徴

特徴

羅は、紗にも似ていて、薄手の目の粗い絹織物ですが、生地の組成が若干異なります。

羅は、4本の縦糸を複雑に絡み合わせたところに、1本の横糸を真っすぐに通すもので、仕上がりとして生地の表面に菱形の模様ができます。生地の組成が複雑なため、薄手で目が粗いにも関わらず丈夫です。

羅の歴史は非常に古く、正倉院の供物の中にも羅の織物が発見されているようです。羅は、紗や絽と同様、夏用の着物の素材として用いられています。羅は他の夏着物の素材に比べても目が粗いので、着物よりも夏用の羽織や帯地に用いられることが多いようです。

夏用の着物はあるものの、やはり真夏に着物姿というのは周りはともかく着ている本人は暑苦しく感じるものですが、羅の帯は丈夫で締めやすいうえに、着ている本人も本当に涼しいという定評があります。

買取価格のイメージ

羅の帯の買取相場は、数百円から数千円と言われていますが、人間国宝に指定されている北村武資の作品であれば、20万円を超える買取実績があるようです。

羽織の場合は、ノーブランドのものであれば高くとも数千円程度で査定されることがあるようです。

綸子(りんず)生地の特徴

特徴

綸子とは、絹製の紋織物のことで、撚りをかけない生糸を綸子織りと呼ばれる技法で独特の模様を描き出します。

綸子にも種類がいくつかあり、平綸子、綸子縮緬、駒綸子などがあります。綸子織りの生地は滑らか光沢があり、柔らかいのが特徴です。主に晴れ着の素材に用いられます。例えば、婚礼衣装、振袖、付け下げ、訪問着、帯や襦袢にも用いられます。

買取価格のイメージ

綸子織りの着物や帯は元々の価格が高価です。

改まった席での正装としても用いられるので、需要も高く、ノーブランドのものでも数千円~数万円の買取価格を期待することができます。

文様の美しさや作家、保存状態、そして着物の場合はサイズが大きいものであれば、さらなる価格アップを望むこともできますので、信頼できる買取業者を選ぶことがコツです。

絽(ろ)生地の特徴

特徴

絽とは、紗や羅と同様に、盛夏用の着物素材に用いられる、薄手で透き通った絹織物の一種です。絽は、紗とも生地の組織が似ていますが、何段かの平織にもじり織りを加えるという織り方をするため、生地の表面に縦方向に線上のすき間ができるのが特徴です。この特徴により、生地の通気性がよく、蒸し暑い日本の夏でも快適に過ごせるのです。絽の夏着物は正装にも用いられることが多く、また、半襟や帯の素材にも用いられています。

紗に比べて、絽の着物の方が種類が豊富で、お洒落も幅広く楽しむことができます。

買取価格のイメージ

絽の着物は、改まった席でも使えるものですので、需要も高く、元値も高価です。

買取価格としては、5000円程度が相場と言われています。夏着物はなかなかリサイクル品が出回りにくいこともあり、買取業者によってはさらに高値で引き取ってくれるところもあるかもしれませんので、複数の業者に見積もりを取り、慎重に査定をしてもらいましょう。

おすすめの着物の高額買取り業者

スピード買取り.jp

スピード買取,jpは有名芸能人である坂上さんのCMで有名な着物買い取り業者です。

小規模な街の買い取り業者と比べて、買い取れる着物の種類も広く、高額買取が可能なのでおすすめです。

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

高額着物の買取実績が豊富なのが「買取プレミアム」です。

自分の持っている着物がもしかしたら、高く売れるかもって人は、「買取プレミアム」に見てもらってください。

買い取れる範囲が広い!ヤマトク

着物買取

ヤマトクは買い取れる着物や小物の範囲が非常に広い買い取り業者です。

振袖など基本的物はもちろん買い取れますし、紋付や下駄など嫌われがちなものも買い取ってくれるので、使い勝手が良いです!

和装なら何でも買い取ってくれる業者なので、売れるか心配な時でも連絡してみてください。

-買取り対象

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.