着物買取り|売りたい人が最初に見るサイト

着物買取り

買取体験談

大阪で着物買取りの体験談。高く売るコツは出張買取か

更新日:

大阪で着物を売った体験談を集めました。

大阪や関西方面の人は参考にしてください。

体験談を分析した傾向としては、やはり大阪は商人の町だなぁ~印象でした。

店舗で売ろうとすると、プロ対素人の構図になって、かなり買いたたかれることが多いようです。

印象としては、2つ目の体験談のように全国区の出張買取業者に依頼した方がお得に売ることが出来ると思います。

【おすすめの出張買取先】

 

大阪で着物買取り体験談1:引っ越しのため着物を整理、店舗買取りの値段に不満

わたしが着物を売った理由は、とにかく荷物を減らす必要があったのです。

母はかなり前に亡くなっていたのですが、父が急死して、実家には私と兄の二人きりになってしまいました。

その家を建てたのが兄だったため、父母という存在がいなくなってみると、兄と一緒に暮らすことは不可能となり、私が引越しして一人暮らしをすることになりました。

それで、荷物を減らす必要があったことと、もう着物を着ることもないだろうな、ということで着物を売ることになったのです。

冷静に考えたら、オークションに出品して売ったほうが高値で売れただろうと思うのですが、その時はとにかく荷物を減らすことに一生懸命だったので、着物を買い取ってくれる店舗に売ることにしてしまいました。

自宅が大阪市阿倍野区だったので近くに有名な買取りショップ(イデアールっていう名までだったと思います)、があったのですが町中に行く用事があったので、そっちで売ることにしました。

 

売った着物の種類は総絞りの私の振袖と小紋の着物などでした。

店舗に入ってドキドキで鑑定価格を見てみると、売却金額は1500円でした。丹波木綿の良い品だと思っていたので結構ショックでした。

どうしてそのような低価格で着物を手放してしまったのだろう、と後になって思いましたが、その時は相場もよくわからなかったので、買い取ってもらって手放すことにしました。

ただ、大島紬の着物は証紙がないということで値段が1000円程度あまりにも安かったので、手放すことはやめました。

数十万円はすると聞いていたので、それを1000円程度で手放す気にはなれませんでした。

それで、私はもう着ることがないであろう自分の振袖と小紋の着物を、1,500円で手放すことにしたのでした。

 

1500円というのはあまりにも安いと今は考えることがあるのですが、その時には物を減らすことに懸命になっていて、考えることができず、言われるままの値段で売ることにしました。
正直、売却金額はそれほど納得がいくものではありませんでした。

大阪で着物買取り体験談2:リサイクルショップに不満で、訪問買取に変更

訪問着の着物がいくつかあったのですが、訪問着を持っていても誰も着ることがなかったですしただ置いていても邪魔くさいだけでしたので、最寄りにあるリサイクルショップに持っていき、まずは査定だけでもしてもらおうと思いまして査定してもらったんです。

漠然とした考えだったのですが、着物系というのは高く売れるんじゃないかと期待感を膨らませて待っていたのですが、驚くくらい安い査定(なんと2000円!)が付いてしまったので、そのことが理由にリサイクルショップでの買取を見送らせて頂いたんです。

どこか着物を高く買取ってくれるサービスがないかとネットで調べたら「スピード買取.jp」という着物を買取ってくれるサービスの評判が良かったです。そのため、「スピード買取.jp」の訪問買取りを利用することにしたんです。

その際、出張して買取ってもらいましたが、すぐ査定スタッフさんが駆け付けてくれて査定を始めてくれましたので早い対応で良かったです。

査定を出してもらいましたが、リサイクルショップでは比べ物にならないくらい高い査定が付き、迷わないで査定スタッフさんに「売却します」と伝えたんです。

売却金額は3万円以上になり、リサイクルショップとでは10倍くらいの差で売却できましたので嬉しかったです。売った着物の種類はリサイクルショップに出した同様、訪問着を売却したんです。

また、出張買取で着物を売った理由は高い査定が付いただけじゃなく、査定をしていただく手数料だったり、出張料だったり、これらの物が無料だったのも出張買取を利用する決めてになったんです。

出張買取をするなんて初めての経験でしたので、始めは不安や心配がありましたが、出張買取というものを経験してみて安心して利用できることが分かり出張買取を利用してみて大変満足です。

これから誰かからいらない着物を頂いたりだとか、それ以外のことでも着物を手にすることが出来ましたら、また「福ちゃん」の出張買取を利用して着物を売却したいなと考えています。

スピード買取.jp[着物買取]

大阪で着物買取り体験談3:祖母の遺品整理で着物を売却

今から数年前。私の祖母がなくなりました。

その時に残された遺品整理をした時に出てきたのが着物です。

祖母は物持ちの良い人で、きちんと整理された状態で保管をされていました。

しかしだんだん年を取ってくると、自分の老後があまり長くないことを感じて、少しずつ人に譲ったりして着物の数は減らしていました。そのため残されたのは、訪問着やお出かけ用の着物です。

しかしあまり裕福ではなかった祖母の着物は、特にブランド力があるものはありませんでした。

またいろいろ見てみましたが、現代風に着るには少し流行が違います。また古いものはシミなどもあるところがあったので、家族で相談し、出張買取を希望したのです。

この時に出張買取で着物を売った理由は、遺品整理のため。またそれを引き取ってもらうのに、近くのリサイクルショップを利用しました。

実はこのリサイクルショップは、地元でも着物を扱っていることが多く、私も母も着物を着る際にここで小物をそろえた経緯があります。そのため、ここに出張買取を依頼すると、きっと次の人に利用してもらえると思ったのです。そして、電話をして着物の見積もりに来て貰いました。その見積もりの売却金額は、

  • 「京都の友禅染めの留袖」が5万円で
  • 「ノーブランドの訪問着5000円」でした。

訪問着はブランド力のないものだったので、仕方がないな~っと思ったのですが、友禅染の方が納得いきません。きちんと証紙も付いている友禅染がこんなに安いのか不信感が募りました。

着物だけではなく、小物もつけることによって、少しだけ売却金額は500円だけ上乗せされましたが微々たるものです。

着物を買った店で売れなかったのは残念でしたが、値段になっとくが行かないので、ネットで高く売る方法を探しました。

 

やはり高く売るには、業者同士の競争が激しいネットでの買取りが良さそうでした。

宅配買取りにするか、訪問(出張)買取にするか迷ったのですが、宅配買取りですと箱詰めが面倒なので、訪問買取にすることにしました。

あと、出張買取ならすぐに現金払いしてくれるので安心感がありましたね。

買取りに来る人は査定士と呼ぶらしいですが、てきぱきと査定してくれて私はこの際に母の着物を処分することにしました。母が気に入っていた友禅染めの売却金額は20万円ほどでした。

正直その金額が妥当かはよくわかりませんが、最初に行ったリサイクルショップより4倍も高い値段だったし、買った値段から考えても十分と考えたので、すぐに買い取ってもらうことにしました。

 

いざ売るとなると祖母が着ていたとき言っていた着付けの仕方などの言葉が、あれやこれやと浮かんできます。一度、妻にも、着物を着つけてやっていたことがありました。

そのとき祖母は「うなじを少し出すのよ。」といって、妻の着物のうなじを、グッと下に押し下げて、着付けの仕上げとしていました。このように、いろいろと祖母の思い出がある着物を手放すのは、少し物悲しい気もしましたが、タンスの肥やしになるくらいなら有効利用してくれる人に買い取ってもらった方が良かったのではないでしょうか。
スピード買取.jp[着物買取]

おすすめの着物買取り業者

スピード買取り.jp

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

着物の高価買取専門【買取プレミアム】

-買取体験談

Copyright© 着物買取り , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.